運用広告に見るライティングの考察。売上UPにつながるか?

アフィリエイトサイトの運用、上手く行っていますか?

え?私?

「全く成果がありません!」

いやまじで。

収入源はアドセンス、アソシエイト、楽天がありますが、

「自分の紹介した商品は買われていません!」

まだまだライティング技術が甘いようです。

自分が使ってみてよかったものを中心に紹介していますし、

同志が増えてくれると嬉しいのですが……

そこで、

ライティングのプロが書いたWEB広告を考察して、

サイト改善のヒントを見つけようと思います!!

ライティングの調査対象は?

今回はネイティブ広告を調査します。

ネイティブ広告とは、記事に擬態している広告のこと。

サイト内の広告をクリックすると、

「記事みたいな広告」を観たことがありませんか?

ブログのレビュー記事みたいなものに飛んで行くやつです。

「なんだただの記事かー」って思って読んでいると、

「これいい商品かも?」ってなったりしません?

そんな

「完成度の高いネイティブ広告」を分析してみます。

そして、

調査するネイティブ広告は有料配信広告です。

5ch・ロカリ・まとめ系に出てくる物をイメージしてください。

あれって表示するだけ(クリックされる)でお金かかっているんですよー

広告料の支払いがあるなら、

何としてでも売上を上げなくてはなりませんよね?

だからこそ、

アフィリエイト業界トップクラスのライティング技術が

詰まっていると思うんです!

ちなみに、

アドセンスは審査が厳しいので、

攻めた書き方がされている広告は少ないです。

今回は、Googleが影響しない、

5chに出てくる広告をメインに調査してみようと思います。

思いっきり引っかかったネイティブ広告

岩櫃山登山道

イメージが湧きにくいと思うので、

私が引っかかったネイティブ広告を例にしますね。

引っかかったのは「ポイントサイトの登録」です。

2chまとめのレイアウトで、

「○○(ソシャゲのキャラ)がほしいのにお金がない」

「○○持ってないやつフレンド切ったわー」

「おい、お前ら!

このサイトから登録すると魔法石(ガチャ引くのに必要なアイテム)が1000個無料でもらえるぞ。」

「そんな話あるわけ無いだろ…」

「マジだったぞ!ホントに1000個もらえたんだが……」

「www俺も出来た」

「ガチャ爆死したけど無料だし○○お出迎えしたわー」

「ここで引かないと雑魚確定w」

「お前ら、急げ、そのキャンペーン今日までだぞ!

「URL貼っとくわー(ポイントサイト登録)」

ってやつ。

これがネイティブ広告です。

引っかかっていませんか?

 

きらきらした内容だね!

広告をクリックしたら、

いきなりポイントサイト登録をさせるサイト

に行くのではなく、

1クッションをおいて行動させるように仕向けてあります。

セールスライティングの基本はPASONAの法則

さて、

分析するにも、どんな技術が使われているのか知らないと話になりません。

少しライティングテクニックの説明をしてみます。

「PASONAの法則」と呼ばれる書き方を知っていますか?

上で紹介したネイティブ広告もしっかりと

「PASONAの法則」で書かれていますよ。

また、

最近では「新PASONA」と呼ばれてる書き方もあります。

合わせて紹介しますね!

問題の指摘 Problem

まずは

問題点の指摘です。

これが無いと始まりません。

一言で「読み手」の頭の中を、

「売り込みたい商品で解決できる問題」だけに

集中できるようにしましょう。

上の例では

「○○(ソシャゲのキャラ)がほしいのにお金がない」

です。

一文だけでお金の無い高校生や大学生の心を鷲掴みです。

守銭奴の私も見事に引っかかりました。

煽る Agitation

その問題を更に深刻化させる項目になります。

いきなり深刻な話すればいいと思うかもしれません。

どうしてこんなに回りくどいことをするのか?

人間はいきなり深刻な問題を突いても、

受け入れられないからです!

「問題の指摘」で引っかかった方の傷口に

塩を塗るように煽っていきましょう!

こうすることで、

読み手の頭の中を更に問題意識に向けるのです。

上の例では

「○○持ってないやつフレンド切ったわー」

ってところですね。

欲しいキャラを持っていないことへの劣等感を更に強めています。

この一言で、私の豆腐のようなピュアハートはブロークンですよ。

親近感 Affinity (新PASONA)

「新PASONAの法則」では

「A」の部分は

「Affinity(親近感)」です。

体験談寄りのセールスレターなら

「私も同じ悩みを抱えていました」

の一言で完了。

よく、

開発者インタビューにあるやつですね。

これだけで「一緒に問題を解決する協力者」だとイメージを持たせられます。

更にこんな効果が有ると思っています。

それは?

「罪の償い」

 

中二病乙

いや真面目な話だって。

「罪悪感」や「後悔」はスタック・ステート(ハマった感情)といい。

行動を起こしにくくなる感情です。

目指すべきは「CV(商品購入)」ですよね?

前のパートで植え付けた「問題意識」は、

「罪悪感」に近いものですから、

このパートで「赦す」必要があるのです。

引用 売れるまでの時間―残り39秒

解決法 Solution

さあ、

読み手の意識を解決したい問題に向けさせたら、

あとは自分が紹介したいサービスを提示するだけです。

上の例では

「おい、お前ら!

このサイトから登録すると魔法石が1000個無料でもらえるぞ。」

って所。

お金が無い問題を一気に解決する提案です。

前述までで、

「ガチャ引きたいけどお金がない、楽しくプレイできない」

って悩んでいた読者にはこれほど嬉しいことはありません!

提案 Offer(新PASONA)

新PASONAでは「Solution」を分解して「O」にも役割を持たせています。

ここでは

問題を解決するために必要な具体的な行動を示してあげましょう!

例では上げていませんが、

「サイト登録後に”ここ”をクリックだ!」

みたいに書き足してあげれば更に、

CVへのハードルは下がります。

絞込 Narrow down

さて、

ここからがクロージングと言われる部分で、

「読み手」に行動させるトリックを仕込んでいきます。

商品を紹介しただけだと

「ふーんそんなのあるんだー」で終わっちゃいますからね!

買わせるためにはどうすればいいのか?

まずは絞込。

対人営業ですと、

「あなたにその商品が合っている」ことを説明するパートです。

服を着せて「お似合いですよ」と一言言うイメージ。

ですが、

文章の場合は「服を着せる」事ができません。

そこで、

条件を出して、

その条件を超えられるから「合っています」と一言入れます。

例では

「ここで引かないと雑魚確定w」

わかりにくいですが、言い換えれば

「このゲームにおいて行かれたく無ければ、無料登録して石1000個もらえ」

です。

行動 Action

最後のトドメ。

これは見慣れていますね。

「残りいくつ」「限定○個」「先着○○名」

「今なら無料」「○月○日まで無料」みたいな煽りです。

いわゆる閉店商法みたいなもの。

あ、

使う時は注意してくださいね。

事実と異なる場合は捕まります!

「ア○ィーレ」とか…

例では

「お前ら、急げ、そのキャンペーン今日までだぞ!」

「URL貼っとくわー(ポイントサイト登録)」

の部分です。

そりゃ損失回避が働いて登録しちゃいますよ。

しかも、

2chまとめ風の日付はきっちり「今日の日付」になっており、

引っかかるように工夫されていました。

 

この後メールアドレスを変える羽目になる

心理効果を使って更に効果を上げる。

基本のPASONAは習得できましたか?

さらに効果を高める心理効果を使いましょう!

どんなセールスライティングも下記のような技術が使われていますよ!

私が知っているのはこの辺です。

権威への服従

権威がある人やその道の専門家が言うことを信じてしまう作用です。

簡単に言うと

「医師監修ヘルス○ア大学」ですね。

医者が病気に着いて解説していたら、そりゃ信じますよ!

なお、

現実は「ペテン」。

最近では

芸能人、インスタグラマーから持ってきている物が多いです。

「芸能人の○○がつかっている商品!」

あ、

芸能人の名前はグレーですが、

写真は著作権的にアウトなので注意してください。

社会的証明

よく言われる

「みんながやっていることは正しい。」

っていう心理ですね。

嫌いな方も居るんじゃないですか?

私も最も嫌いな心理学です。

「みんな働いているから働くことは正しい。」

「ニートは異端。」

こんな感じですね。

 

うわーニートが自己擁護してるよ…

この心理がある限り、

マイノリティは常に排除される運命です。

世界に絶対的に正しいという心理は無いのに…

(相対主義 人間は万物の尺度である。)

おっと哲学の話をしても仕方ありませんね。

よく見るのは、

Twitterを埋め込んだり、

コメントを残したりしています。

前述の「赦し」のテクニックもここに分類されるのでしょうか?

「みんなも悩んでいる」だからあなたも「悩んでいい」ってね。

繰り返し

10回以上同じことをいい続けると、

それを信じ込んでしまうという書き方です。

アメリカの民事裁判で「被告が無実である」という証明の説得力は

1度も繰り返さないときより3回繰り返したほうが46%も説得力が上がる。

10回では82%。

引用 人を操る禁断の文章術。

ちなみにこの記事のテーマは

「知識を持って読んだり書いたりすると見え方が変わってくる」です。

今のを含めるとすでに3回以上使っています!

「あなたはもう私の術中なのだよ」

とカッコよく言ってみる。

では、

今までの知識を使ってネイティブ広告を分析してみましょう!

ネイティブ広告分析

気になったネイティブ広告を読んでみて、

流れを書き出してみます。

男性向けダイエット商品

ヘッドコピー

「だらしないメタボ腹をスッキリさせませんか?」

(ビフォアフ画像)

「レビュー」

・スーツがぶかぶかになるくらい痩せた

・ぴっちりした服は無理だったのに、このダイエットでスッキリ

・実名っぽい名前と年齢で現実感

「忙しくて運動する時間がなかったからメタボに」

・わかると共感してしまったあなた

・見て見ぬふりをしたあなた

・強がってしまったあなた

「3分だけ読めば来月にはスッキリした身体になっています」

考察

読ませる部分のパートが

「問題提起」→「レビューでの共感」→「共感」となっています。

このコピーの面白いとろこは

「PASONAの法則」の「A親近感」をレビュー形式でやっているところです。

これは効果抜群でしょう。

「みんな悩んでいるし、このダイエットをやってみたら、痩せた」と

「親近感・社会的証明」を同時に満たしていますからね。

最後の一言に3分で読めるとあるのも興味深いです。

これだけで、離脱率抑えられるんですかね?

確かに

毎日更新のメディア系は「この記事は○分で読めます」

みたいなものが書かれていることが多いです。

ビフォーアフター画像は触れてあげるな。

(つーかどんな医薬品サプリ体験談もアウトか。)

ボディーコピー

「本当は怖いメタボ」

・家族からの指摘

・死亡リスク

「今時のダイエットは超手軽」

・商品紹介

・ネットでもSNSでも話題。

「SNSから引用」

・テレビで紹介、14Kg痩せた

「レビューサイト風」

・○K痩せた

「安月給で釣られるわけには行かない、調査してみました。」

・なぜダイエットの効くのか解説

・実際に飲み始めたら痩せた

・女子から認められる

・簡単に運動しただけで、食事制限をしたわけでない

考察

今回は男性商品であることもあり、

「煽り」が「あなた死ぬわよ」と結構ハードですね。

「なぜ効くのか」を紹介する部分は、

「SNS・TVでやってた」で「権威付け」と「みんなやってる」感のゴリ押しです。

TV世代(50代以上)とネット世代(30代以下)をターゲットにするには十分効果がありそう。

(購買意欲の高い50代以上はTVのほうが訴求力が高い?)

しかも、

○Kg痩せたの項目とビフォーアフター画像付き。

さすがアドネットワーク、

普通に考えたら薬事法でバンですよ!

気になったのが

「主人公が商品に対して疑いを持っていた」

ってあらすじ。

これ、完全に読者心理そのままじゃないですか!

で、実際に試してみたら痩せて、

「女にも認められるようになった」

男性なら誰しも引っかかる未来感です。

購入意欲上がりそうですね!

クロージングコピー

「リピーター率が○○%」

「今まで売り切れだったけど再販」

「限定300個」

「1/3ほど値下げ」

「解約可能」

「バナー+テキストリンク」

「追伸」

・あやしくても試してみないとダメですね。

・体型で悩んでいるなら試して観てください。

・ランチ1回分です。

考察

心地よいクロージング要素全て詰まってますね…。

個人アフィリエイトサイトだと

「300個限定」は怖いです(公式LPにあればいいけど…)。

価格訴求のコピーが多い印象。

絞込は「悩んでいるなら、使ってみてください」といった弱い物です。

まぁ、

有料広告なんで、

そんなに絞り込んで購入意欲上げても仕方ないか。

女性向け口臭サプリ

ヘッドコピー

「口がくさいのに自分では全く気がついていないってありませんか?」

・私は彼氏に「ちゃんと歯磨きしてるの?」って言われた

・実際に調べてみたら、最高に臭かった

・簡単ケアで解決できる

「○分で読める」

考察

PASONAの法則の「PAS」までを導入に使っています。

「親近感」の部分は「私の体験」にして、

「煽り」は「彼氏に指摘された」ってところでクリアしていますね。

個人のSEOサイトでやるには、このやり方が一番効果的な気がします。

何しろ体験を商材に出来ますからね!

このコピーも「○分で読める」が入っていて、

メディアサイトに掲載するような出で立ちです。

ボディーコピー

「5人に1人は強烈な悪臭を放つ厚生労働省の調査より」

「原因は?腸内環境が悪化しているから」

「息が臭いのは海外でも嫌われる」

「この商品を使ったら改善できた」

「口のネバネバも無くてかなりさっぱり」

「嫌われてしまわないように常備している」

考察

「親近感」「集団性」「権威」を一度に確保できる「厚生労働省の調査」です。

こんなニッチなの調査するんですかね?

…(教えてググる先生)……

!!ほんとにあるのかよ!

「煽り」に海外の話も面白いです!

大半の女子は「シンデレラのようなお姫様願望」があるらしいですから!

引用 女性のための売れるコピーライティング

「外人男性から嫌われる」ってのは結構堪えるんじゃないですかね?

じっくりと読んでみましたが、

このコピーでは「未来感」が少ない気がします。

出だしが「彼氏に臭いと言われた」なので、

この商品を使って「彼氏に認められた」

って流れがあっても不思議ではありません。

ただ擬態語を使って

「ネバネバしない」と入っているだけです。

女性向け製品はそこまで具体的な理想を書かなくても良いのですかね?

それとも

こうしておけば「彼氏がいない相手も射程圏内にはいる」という算段なのでしょうか?

クロージングコピー

「1日○円」

「キャンペーンで○円」

「定期も解約できる」

「商品リンク」

「追伸」

・家族にも使ってみた

・ネットでも評判がいい

「キャンペーンがいつ終了するかわからない。」

考察

やっぱ価格訴求強いですね。

なかでも、

「キャンペーンがいつ終了するかわかりません」

この言い方はずるいです。

○日までのキャンペーンです。

って言ってしまうと、

ホントにそうじゃない場合は景表法違反です。

「いつ終了するかわかりません」

訴求としては弱いですが、うまい逃げ方だと思います。

全体を通しての発見

ほかにもいろいろネイティブ広告を観て、研究してみました。

改善案として使えそうなものをメモしてみます。

SNSとTVとレビューサイトの切り抜きが強い。

ほぼすべてのサイトに入っていました。

一個人の感想をベースにしたものよりも強いですから。

中にはSNSフォロワー0の捏造に使われたアカウントもありました。

(ダイエットのインスタグラムとか話題になりましたね…)

「○分で読めます」が多い

多分、他のメディアにも出しているからなのでしょうが、

ある意味ユーザビリティーの改善です。

クロージングがゲスい

アイフォンのクッキー保持が1日になったから仕方ないね。

一撃で仕留めないとアフィ料金発生しませんから。

景表法アウトなのは目をつぶろう。

ライティング技術について最後に

トップアフィサイトを技術的な部分から考察してみました。

こうして、

知識を持った後に読み返したり、分析したりしてみると

見え方が全然違って来ますよね?

アフィリエイトの成果は上がっていますか?

アフィリエイターの95%は月収1000円以下と言われています。

私は収益を上げる方法を模索してきた中で、

「ライティング技術向上」が一番収益を上げられると確信しています。

収益を上げないサイト運用をいつまで続ける気ですか?

「書く技術の向上」は本で研究することが一番です。

中でも「人を操る禁断の文章術」は実践的な内容が多く、

読ませるテクニックも含まれていて、

滞在時間重視のSEOにも効果があります。

著者は

メンタリストのDAIGOさん。

自分の書き方にこだわる方には向きませんが、

少しでもサイトをお金にしたい方にはオススメです。

今すぐ行動すれば、明日から効果が出るかもしれません。


>人を操る禁断の文章術(Amazon)
>人を操る禁断の文章術(楽天)

 

この記事の下に書くのかよ!