汎用性抜群?街着として使えるモンベルソフトシェルのレビュー!

ソフトシェルパウダーシェッドパーカ

​冬は寒いから苦手。

できるならばコタツで丸まっていたい。

でも…、外出したい。

そんなことを考えていた所、最強のウェアに出会ったんです!

今回私が買ったソフトシェルはこれ!

モンベル・パウダーシェッドパーカです!(パウダージェットではありません)

ソフトシェルパウダーシェッドパーカ

「冬の低山を登るときや、寒い時期の外出に効率の良いウェアはないかなー?」

って探していました。

雪山のようなところを歩くわけではないから、そんなにガチの装備はいらない。

通勤時にコートの下に着れるようなものがほしい

(赤城おろし吹くんで寒いんです)。

ユニクロやGUのダウンやフリースでは力不足。

そう考えていた所、

モンベルのカタログに「ソフトシェル」なる物がありました。

しかも、

某掲示板でも高い評価を受けています。

「コレダ!」

と感じて、即購入。

今では普段着にも取り入れて愛用しています。

詳しいレビューは後半で!

ソフトシェルとは?選んだ理由は?

ソフトシェルとは柔らかく、伸縮性のある素材を採用した、防風性・撥水性を備えたウェアです。生地の内側に施された起毛加工が保温性を確保しつつ、通気性により汗を速やかに外部へ放出します。ソフトシェルの最大の魅力はアウターとしても中間着としても快適に使えることです。

引用 モンベル公式サイト

端的に説明すると、

ジャンパーとフリースを組み合わせたような性能が得られるのに、

柔らかく動きやすい。

それがソフトシェル。

冬用登山ウェアの代表格は、

ハードシェルを使ったレイアリングが基本となります。

レイヤリングシステム

引用 モンベル公式

例えば、

肌に近い方から、

「速乾性のあるインナー」+「保温性の有るダウン」+「ゴアテックスのハードシェル」。

このように重ねて着ます。

ですが、

積雪があるようなハードな山に行かない場合、

オーバースペックですし、高く付きますよね。

それに、厳冬期にしか使えません!

対して、ソフトシェルは、

「ジャンパーとフリース」を組み合わせた様なマイルドな性能であるため、

汎用性があり、低高度や都市部では秋から春まで使えます。

ソフトシェルの下にフリース着込む

厳冬期は?

低高度であれば、ソフトシェルの下にユニクロ程度の、

「フリース」や「ダウン」を着ることで対応できます。

(ユニクロのミドルウェアは個人的に優秀だと思っています。詳しくはコチラ)

また、

3000mを超える夏山(富士山)にも持っていくのもあり!

(安物のアウター持っていって凍えました。)

そして、

なにより、カッパの代わりに出来ることも素晴らしいですね。

突然の雨・雪にも対応!

それに、

柔らかい生地なので、ミドルウェア(中着)として使うことも出来ます。

つまり、

コートやハードシェルの下に着て、防寒対策も出来るんです!

「登山ウェアはまず何を買えばいい?」って訊かれたら、間違いなく

「ソフトシェルが街着にも使える汎用性があってオススメ!」

って答えますね!

調べた中でオススメのソフトシェルは?

何に重点を置くかでオススメするものが変わってきます。

いろいろ調べた中で、

視点を変えたときに一番オススメなものをあげてみますね。

お得感でオススメ 3in1フォールラインパーカ


3in1フォールラインパーカ(mont-bell)。

ハードシェルに分類されるので、このページの趣旨とは違います。

ですが、

ダウンジャケットがセットで付いて来るのが嬉しいところ。

「この値段でダウンとシェルがついてくるならオトクなんじゃないかな?」

ってことで気になっていました。

でも…
3in1フォールラインパーカ買うなら、

アウターだけでも性能の良いものにして、

ミドルレイヤー(中着)はユニクロのフリースやダウンで良いかなぁ

ってことで今回はパスです。

伸縮性でオススメ ロッシュパーカ・ジャケット


>ロッシュパーカ(mont-bell)

値段的にも性能的にも優秀。

パウダーシェッドの防風性を下げて、

伸縮性を高めたモデルになります。

パーカータイプとジャケットタイプがあり、

中間着として使うときに、

フードの有無が選択できるのが良いところ。

個人的には、

「防風性と保温性下げて、伸縮性上げてもな~」って。

パウダーシェッドとくらべてもそんなに軽くなっていないしね。

そして、

デザインが単色寄りでちょっとピンとこなかった。

汎用性・価格・軽量性でオススメ

>ライトシェルシリーズ

ライトシェルシリーズ。

モンベルのフラッグシップクラスですね。

春から夏の高山では

「ウィンドブレーカー兼レインウェア」のアウターとして利用し、

冬は中間着として使うオールシーズンのソフトシェルになります。

レビューを観ていると

このライトシェルシリーズをサイクルウェアとして使っている方が多くいました。

ライトシェルシリーズは生地が薄く、

保温を無視した防風用と言った感じですね。

その代わり、軽量コンパクト化に成功しています。

重さはパウダーシェッドの半分。

シリーズ展開はパーカー・ジャケット・ベストの3種類。

パーカータイプにしておけば、

冬の耳あての代わりにも、

雨よけにもなりますよ。

ベストやジャケットにしておけば、

中間着として使ったときにかさばりません。

先程も述べたように

生地自体が薄く、春山や夏の高山にも使えて

オールシーズンで使える登山ウェアが欲しい」という方に

ライトシェルシリーズはオススメです。

かっこよさでオススメ コロンビアソフトシェル


(コロンビア)Columbia SOFT SHELL
たまにはモンベル以外に浮気。
めっちゃかっこいい。

生地は厚めで、

パウダーシェッドと似たようなコンセプトのモデルです。

並行輸入物で、

Amazonくらいでしか扱っていないのと、

価格が高めなのがネック。

保温性とスペックでオススメ パウダーシェッドパーカ

パウダーシェッドパーカ(mont-bell)

※注意 画像が無かったのでオススメ色ではありません。

値段はちょっと高いですが、

性能はモンベルのソフトシェルの中で最高峰です。

今回私が買ったものですね。

何と言っても、白・黒のデザインがかっこいい。

生地が厚めで「防風、保温、撥水性」が高いレベルでまとまっています。

伸縮性はゴアテックスのものよりパリパリしていない程度ですが、

激しい運動でなければ、十分です。

ソフトシェル・パウダーシェッドパーカのレビュー

使いはじめて1年程度になります。

パウダーシェッドパーカの評価はどうなのか?

書いてみますね!

パウダーシェッドパーカの防寒性・防風性・保温性は?

ソフトシェスの起毛

裏側は起毛となっており、暖かいです。

気温が10℃程度の気温ならば、

ヒートテックとパウダーシェッドパーカの2枚で普通に外出できます。

いままで、厚着していたのがアホらしくなる。

まさにチート性能

防寒性は、特に寒い日にこれを着ていると実感できます。

ソフトシェルの表面に触れてみると、冷たい。

だが、中はそんなことはなく、ポカポカしていて、

外気との温度差を感じられます。

内部の気温が高くなりすぎた時はどうするって?

脇の下と胸前に換気用のファスナーがあって、

脱がずに温度調節が出来ますよ!

ベンチレーションは脇と胸の合計4箇所

パウダーシェッドベンチレーション

たまたま気温が上がったとき(15℃くらい)にも脱がないで調整できました。

こんなにファスナーが多いとここからの浸水が気になりますよね?

観てくださいよ。

チャックの継ぎ目がないソフトシェル

ジャケットの弱点であるファスナーのつなぎ目も完全にカバー。

ここから水や冷気が入ってくることはありません。

写真の中央線のようなものがチャックのつなぎ目になります。

どんな技術使ったらこんな高機能なことできるんだよ…。

この継ぎ目のないはサイドのポケットにもついています。

カイロを入れていても安心ですね!

吹雪の中でも安心のソフトシェル

実際の効果はどうなのか?

吹雪いている春の低山に持っていきました!

装備は

「ヒートテック」+「ユニクロフリース」+「パウダーシェッドパーカ

と、かなりの軽装備です。

しかし、

行動時はフリースを脱ぎ捨てるほど

保温性・防風性の高さが実感できます。

流石に、

防水性能は長時間雪がついていると流石に沁みてきます。

ゴアテックスの完全防水では無いですからね。

ですが、

レイン装備が無いときの急な天候変化に対応できるのは強みです。

サイズに関して

アウターとして使うなら少し大きくして、ダウンジャケットやフリースをはさみたい。

中着として使うならぴったりサイズにして、アウターを買い換えずに使いたい。

伸縮性がそれなりにあるので、そんな心配はありませんでした。

身長160cmの私の場合Sサイズでどちらの機能も満たしています。

※ 山道具は高いのですから、ネットで買い物せずにちゃんと店舗で試着してくださいね!

街着として使うと快適すぎる

このソフトシェルの機能面はほんとに凄い。

そして、この性能の高さに惚れ込んでしまい、

ソフトシェルを普段着・通勤時・ライダージャケットとしても使っています。

普段着(タウンユース)として使えるソフトシェル

普段のウォーキングのときに愛用しています。

ダウンジャケット一枚ですと風を通しますが、

ソフトシェルをアウターとして使うだけでも全然違います。

そして何より動きやすいのが素晴らしい。

調子乗って大晦日のアメ横にも着ていった所、

商店街のおじさんから

「良いジャケット着てるね」

なんて言われてしまいました。

関東に1度の大雪の日なんて大活躍ですよ!

防水だし、風通さないし、保温機能あるし。

通勤の時にコートの下に着れる

中着として使っても伸縮性があって、

かさばらないのもいいですね。

真冬に北関東に出向くときに重宝していました。

フードがついているので、背中がいかつくなってしまうのですが、

防寒性・防風性は折り紙付き。

羊毛のコート?なにそれ?って感じです。

冬用バイク・自転車ウェアとして使える

愛車のCB250F

防風・防寒ときたらこんな使い方もできるのが良いです。

バイクに乗るときに、

ソフトシェルの上からアーマー付きジャケットを着ることで、

完全装備のライダーになれます。

走行中の風なんて関係ありません!

いや、下半身めっちゃ寒いんだけど…

>mon-bell(モンベル)パウダーシェッドパーカ(amazon)

>mon-bell(モンベル)パウダーシェッドパーカ(楽天)

ソフトシェルのメンテナスは?

今のところ手洗いを3回位して、

脱水陰干しをしていますが、

性能の劣化は感じられません。

洗濯表示によりますと、

洗濯機(弱)で塩素系漂白剤無しで洗濯出来るようです。

漬け込み式の撥水処理はまだしていません。

詳しくはこちらのサイト様が詳しいので見てみてくださいね。

衣替えということで、モンベルさんのパウダーシェッドパーカをO.D.ベースクリーナーで洗濯し、O.D.メンテナン…

ソフトシェルに関する口コミは?

私以外のレビューも幾つか集めてみました。

863 :底名無し沼さん:2015/11/18(水) 14:01:12.86 ID:9aUtdTW3

パウダーシェッドかさばるからバックにしまうのが大変すぎ。
ごわついて雨具着る気になれないし、重いので山で着る気になれない。
ただ街着にはちょうど良すぎ。適度な保温性で。
ロンTかインナーダウンかフリースでの調整で全国の冬どこでも平気、だと思う

引用 5ch

875 :底名無し沼さん:2015/11/18(水) 17:50:42.50 ID:3bn+zKtT

パウダーシェッドはかなり温かいよ。インナーダウンなんて要らない。
過去にも書いたけど、肌着と薄手の山用セーターとパウダーシェッドパーカーの3レイヤーで猛吹雪の中で寒くもなく快適に歩ける。
内側がかなり蒸れるけど断熱性が高いから、立ち止まっても脱がない限り汗冷えする事はない。
口元の内側が息の湿気でベタベタになる。
確かにザックの中でかさ張る、けど冬用のアウターなんでそこはしょうがない。

内側の速乾性を高く改良して欲しいけど断熱性とトレードオフなのかな。

引用 5ch

防風性が高く蒸れないので冬場の自転車に乗る際は大活躍します。
軽くて薄い(良い意味)ので非常に使い勝手が良いです。

ウィンドブレイカーが欲しかったのですが、コイツは多少の透湿感もあり、それでいて防風性も高く、フリースの上から着ると多層の防寒性も期待できます。
そして、カッコいい!!(主観)
引用 Amazon

まぁ、

良い意見も悪い意見もありますが、

ソフトシェルというジャンルが

「山や防寒性を極めている方には物足りない性能」

「汎用性を極めた結果、中途半端な物になったけど、一般人には十分な機能」

ってコンセプトですからね。

街着として使えるソフトシェルはオススメです

「防寒や防風用の服がほしいけど、街で売っている物だと機能不足を感じる。」

「山用にソフトシェルを買っても使わなくなるかもしれない。」

そう考えている方は、

「”山でも、街でも使えて、高機能”って大事ですよね?」

パウダーシェッドパーカーは

防寒・防風・保温の性能が、高いレベルで纏まっていて、

ミドルレイヤーとしても使えるなど汎用性の高いものとなっています。

「軽さ・コンパクトさ」「重くても高性能」

を追求する方は嫌かもしれませんが、

「どんなときにでもある程度対応できるウェア」

に重点を置く方にはオススメです。

登山初心者からウォーキング、バイクまで様々なシーンで活躍すること間違いなしです。

>mon-bell(モンベル)パウダーシェッドパーカ(amazon)

>mon-bell(モンベル)パウダーシェッドパーカの詳細を見る

追記

「登山グッツ」という印象を受けない、

街に溶け込めるようなアウトドアウェアが続々と出てきています。

>アウトドアウェア普段使用のススメ!メリット・デメリットは?