MTバイクの積載性を上げ方は?行き着いたシートバッグの評価

ミニフィールドシートバッグ

「MTバイク」ってかっこいいのに荷物が載せられないのが欠点ですよね。

そこで、

MTバイクの積載性を上げる方法を考えてみました!

結局「シートバッグ」に落ち着いたので、

そちらのレビューも合せて行いますね!

MTバイクの積載性を上げるには?

手軽さはリュックが最強

手軽さで言ったら「リュック」が一番です。

何のセッティングの必要もありませんから。

「出かけてくるかー」って思い立ったら背負うだけです。

しかも

登山用品と共用できるのもメリット!

日帰り登山リュックの選び方は?スタライダーパックで失敗

腰ベルトの長さが合わなかったリュックはバイクの方で大活躍しています。

でも、積載量に限界あるんですよね。

何より、下に引っ張られるせいで、疲れる。

疲労は自己の原因にもなります。

これでは「いかん」と思い、

「バイク本体」に荷物を持たせることを考えました。

ロープとゴムで縛る

極論言えば、

バイクに荷物を「積載用ロープ・ゴム」で縛ってしまえば良いのです。

ですが、

パッキングに時間がかかりますし、

頻繁に出し入れする場合には向きません。

それに

CB250Fはロープを縛るための突起が小さくて、

軽トラみたいに縛れませんでした。

(技量が無いのは内緒)

そこで、

出し入れのしやすさを考えて、

バイク用の積載パーツをつけることにしたんです!

候補に上がったのは4つ

タンクバッグ

タナックス(TANAX) スラントタンクバッグM モトフィズ
タンクの上につけるバッグです。

見ての通り、積載性は乏しくなっています。

ですが、

自分の目に映る範囲に荷物を固定できるのは魅力的ですね。

バイクに乗りながら荷物の出し入れが出来ますから!

地図を入れたり、高速の券を入れたりと

便利そうです。

磁石で簡単に付けられるモデルも多く、設置も簡単。

ただ今回は、

ツーリング先でお土産入れたりするために使う予定なので却下です。

リアケース


バイクパーツセンター リアボックス

バイクの積載性アップといったらこれでしょ!

鍵が着いていて、防犯性も高いです。

二人乗り用のシートを確保したまま設置出来るのもすばらしい。

リアケースに予備のヘルメットを入れておいて、

彼女を迎えに行く、

青春じゃないですか!

でも、

ルックスがプロレタリアート(労働者階級)感するんですよねー。

 

ニートが何いってんの!

スクーターなら似合うと思うんですが、

MTバイクにつけるのは微妙な所。

かっこいいからMT乗ってるんだしね!

というわけで却下です。

サイドバッグ


タナックス(TANAX) マルチフィットサイドバッグM モトフィズ
かっこいいです!

ほしいものリストに入っています。

積載量は少ないながら、

バイクのプロポーションを崩さないバイク用品だと思います。

使うならばシートバッグとセットですかね?

今回は初めて積載用品を買うので、こちらは却下。

シートバッグ


タナックス(TANAX) ユーロシートバッグ モトフィズ

MTバイクの積載強化と言ったらこれでしょ!

「テールがアップになる」かっこよさが半端ないです。

シートバッグは2人乗りができなくなるという欠点があります。

それでも、かっこよさには変えられません。

また、鍵が付けられない欠点もあります。

(私は南京錠とワイヤーで対応しています。)

治安が悪い地域ならば気をつけてくださいね。

というわけで、シートバッグをつけることにしました。

シートバッグの選び方は?

シートバッグと言ってもいろいろありますよね。

まず第一の選び方は容量だと思います。

普段の使い方を想像してください。

「日帰りツーリング」から、荷物を絞った「ソロキャンプツーリング」には

「ミニフィールドバッグ」。

>ミニフィールドシートバッグ (Amazon)
>ミニフィールドシートバッグ (楽天)

キャンプがメインの場合は積載量を増やした

「普通のフィールドシートバッグ」や

「キャンピングシートバッグ」がオススメです。

>キャンピングシートバッグ2(Amazon)
>キャンピングシートバッグ2(楽天)

「大は小を兼ねる」といいますが、

シートバッグは大きくなるほど

「乗りにくく」なります。

(降りるときにシートバッグに足が引っかかってコケるって話良く聞きます。)

使い方によってベストなサイズを選びましょう!

私の場合、

入れたい荷物は

「レインジャケットが入る」

「道の駅にふらっとよって買ってきた野菜入れる」

「ノーパソ(サーフェス入れる)」

くらいです。

それに

短距離で頻繁に乗り降りすることが多いので、

乗り降りのしやすさも考慮しました。

というわけで

「ミニフィールドシートバッグ」の購入です!

ミニフィールドシートバッグの評価は?

使いはじめて1年になります。

愛車のCB250Fへの装備感や、

良いところ悪いところが見えてきたので紹介しますね!

ミニフィールドシートバッグをCB250Fにつけてみる

ミニフィールドシートバッグをCB250Fにつけるのは簡単で、

付属の固定用コードを結ぶだけです。

こんな感じに結んでみました。

フレーム、シート積載の中です。

固定用コードのもう片方はオスのバックルになっていて、

メスバックルのミニフィールドシートバッグに「カチっ」と着けます。

紐の長さ調整をすれば完成。

手で力を入れると、

前後にある程度は動きまが、

無理な走行をしなければ、問題ありません。

非装備時は専用のバックルで、

固定用ロープを留めておくことが出来ます。

まぁ

なんとなくかっこ悪いので、

シート下収納の中に入れちゃってます。

ミニフィールドシートバッグの評価

良くも悪くも中途半端なのが良いところです。

手軽さを追求したら、

リュック背負ったり、

リアケースつけたりするのが一番。

かと言って、

積載性を重視したら、

キャンプ用のシートバッグを使うのが一番でしょう。

手軽さと積載性の中間に位置する中途半端さが、

ちょうどいい1品となっています。

積載はこんな感じ。

参考

シュラフ、テント、マット、コッヘルを突っ込んで観る。

キャンプ道具

キャンプ道具をミニフィールドシートバッグに

付属のゴムがいい仕事しますね。

しっかりと押さえつけられます。

横方向のズレに不安がある場合は、写真のようにゴムを追加すると安定します。

横幅は最長43cmくらいまでなら対応可能。

(43cmのクロノスドームがすっぽり入る)

一人用ツーリングテントはクロノスドームがオススメ?理由と評価

荷物の出し入れをする入り口が狭く、

入れるのは苦労します。

ですが、

これはメリットでありデメリットですね。

「入れにくい」=「完全に入ったら出にくい」なので、

走行中の落下を防ぐ設計なのでしょう。

積載量は観ての通り、いっぱいいっぱいです。

カタログでは「1泊のキャンプツーリングに」と書いてありますが、

シートバッグの外にも荷物をくくりつけることが前提ですね。

他にも

ドリンクホルダーも2つ着いていて、

コンビニで補給をしながら走るのにも向いています。

「ちょっとした日帰りツーリングいこう。」

「ソロバーベキューをしよう」

って思い立った時に便利なサイズです。

また、

持ち運び性も高いのが、このサイズのメリット。

付属の肩掛け紐で簡単にショルダーバッグになります。

手提げの取っ手も着いていてとっても便利。

 

はいはい

特に治安の悪い地域で、

シートバッグをそのままにしておくのが怖いときに重宝しますよ!

乗り入れ禁止のキャンプ場に荷物を持っていくときにも便利でした。

そして、

シートバッグの上に荷物を積んでいなければ、

乗り降りの制限も殆どありません!

シートバッグ自体の高さはあまりなく、

短足の私でも、簡単に乗り降り出来ます。

(シュラフや銀マットを外に付けたら微妙。)

バイクのスタンド立てて、ステップを使って乗れば、大丈夫。

防水性は微妙ですね。

鳥のフンがキレイに取れませんでした。

(クソがー)

今では、山用の撥水スプレーを掛けています。

レインカバーも付属で付いてくるのも嬉しい

未だに使ったことはありませんけど…。

ってか

小雨程度なら撥水スプレーで十分機能しています。

MTバイク積載性向上 まとめ

「MTバイクのかっこよさ」をそのままに積載性を上げたい。

そう考えていませんか?

荷物を背負っての走行は、疲労が溜まって危ないですし、

積載量にも限界があります。

私の買った「ミニフィールドシートバッグ」は、

小さいながらも高性能で、

乗り降りや、操作性にも影響しません。

何よりAmazonなどでのレビュー数も400近くあり、

一番使われているシートバッグです。

もっとバイクで遊びたい方にはオススメですよ!

>ミニフィールドシートバッグ (Amazon)
>ミニフィールドシートバッグ (楽天)