胸部プロテクターは必要か?コミネ・メッシュパーカーを買った

バイクの教習中に嫌というほど聞いたと思います。

「胸部プロテクターをつけろ」と。

本当に必要なのでしょうか?

そう疑問に思いながら

いろいろと調べていると

必要性を感じたので、買っちゃいました!

今回買ったのは「コミネ(Komine) バイクパーカー プロテクトライディングメッシュパーカー  M 07-087 JK-087」

コミネメッシュジャケット

夏用のプロテクター付きメッシュジャケットとして購入です。

シルバーにしたのは熱を吸収させないため。

流石に夏に黒いもの着たくないしね。

実際の重さはどうなのか?

熱は篭もるのか?

詳しいレビューは後半に続きます!

バイクプロテクターの必要性は?

胸部プロテクター

そもそもバイクにプロテクターは必要なのか?

部位ごとの必要性を簡単に語りますね。

胸部プロテクターの必要性は?

まず、胸部プロテクターは必須です。

警視庁のバイクの死因を見てみてください。

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotsu/jikoboshi/nirinsha/2rin_jiko.html

なんと30%近く胸部のダメージで死亡しているんです!

頭部が45%ですから、ヘルメットの次に大切。

むしろ、

胸部プロテクター付けないってことは自殺願望あるの?

って感じですよ。

つけない理由がありません。

最悪のケースを避ける背部プロテクター

手足はいくら吹き飛んでも、

命には別状は無いのですが(失血ショックは除く)、

流石に下半身不随は嫌です。

バイク事故の後遺症として、脊髄損傷も多いのだそう。

2chにそんな事故のことが書いてありました。

というわけで、背中と尾てい骨のプロテクターも大切です。

頚椎プロテクターの必要性は?

あまり触れられていないのですが、死因の第3位は頚椎の損傷です。

死因としては約10%。

ですが、

運転中は首元を固定するわけには行きませんから、

難しいものですよね。

ネックプロテクターを別で買うか、ヒットエアーに頼るかの二択です。

なぜプロテクター付きライティングジャケットなのか?

安全のためにも装備をつけることの大切さは、

なんとなくわかったのですが、

教習所のようにいちいち全てのプロテクターをつけるのは面倒くさいです。

それらの装備を一動作で付けられるものは無いだろうか?

そう考えていたところ

プロテクター付きメッシュジャケットに行き着きました。

プロテクトライディングメッシュパーカー のレビュー

さて、本題です。

プロテクター付きメッシュジャケットの唯一の欠点

amazonからやたら大きな箱で届きました。

理由として

たためません!

プロテクターが入っているので、仕方ないですね。

プロテクターをバラでつけていれば、

それぞれを重ねて無理やり収納することが出来ます。

ですが、

ジャケットとなってしまうと、

うまいことプロテクター同士を重ねることが出来ないんですよね。

かさばります。

ショッピングモールまでメッシュジャケットを着て乗っていって、

途中で脱ぐのはは難しいですね。

あ、ミニシートバッグにはギリギリ入りました!

プロテクターの位置と強度

そうそう、

肝心のプロテクターは胸、背中、肩、肘に入っています。

それぞれがマジックテープ着脱可能で、

洗濯時に外すことが出来ますよ!(上写真)

肘の部分が非常に着脱しにくいのが欠点ですが、

すぐに乾くので維持管理は非常に楽です。

排ガスですぐに黒くなっちゃいますからね。

ついでに、フードの部分もジッパー取り外し出来きます。

そして、

これだけ装備を積んでいても、

熱の篭りは気になりません。(走っているときだけ)

快適すぎて、春も秋も使っています。

「肌寒いな」

と思ったらソフトシェルの上から着て誤魔化しています。

ライジャケはかっこ悪い?

よく、プロテクター付きライティングジャケットを着ない理由として、

「かっこ悪いから」

とい声を聞きます。

「うるせぇバカ!死んだら何も残らないだろ!」

「原付きで似合わない?」

だったら大きく見えるバイクに乗りましょう!

「装備をがっしりしていると、無駄に煽られる?」

「初心者に観られてなめられる?」

無視です。

例 (経験積み)

信号待ちで後続の二輪に右から抜かれたり、

追尾して空ぶかしして煽られたり、

まとめ

死因2位の胸部のダメージを減らすためにもプロテクターが大切。

複数のプロテクターを一動作で付けられるプロテクター付きライティングジャケットがオススメ。

バイクのマフラー買う前にライジャケを!