登山でオススメのお菓子ランキング!個人的に好きなおやつ達

登山はカロリーを消費するものですよね。

単純に考えれば、「登った標高×体重×9.8×0.24」だけカロリーを消費しています。

万が一熱量が足りなくなった場合は「ハンガーノック」といって一歩も歩けない状態になってしまうことも…。

また、遭難したときにも、体温を維持し続けるためにも、食料は大切になります。

遭難しても手持ちのチョコレートで1週間生き延びたなんて話があるくらい。

でも、ヤマヤならば、荷物はかさばらずにしておきたい。

重量も抑えたい。

そう考えてしまいますよね?

そこで独断と偏見から、私のおすすめの携帯食・行動食をランキングにしてみました!

ぶっちゃけ、私の好きなお菓子ランキングとも言う。

登山でオススメのお菓子 第5位 飴系

携帯食・行動食の王道ですね。

ただし、カロリーオフの飴には注意してください。

カロリー無いと意味ありませんから…。

やっぱり、

登山中に口に含みながら歩けるのが良いですよね。

ですが、疲れているときの飴って結構しんどいものがあります。

口が乾燥しているのに飴。

なかなか解けなくて、もどかしいものです。

それに夏場だと、

表面が溶けてしまって、袋から出ずにイライラすることも…

小袋にベタッと飴が付いてしまい、なかなか取り出せない。

そんな経験ありませんか?

ですが、

かさばる事が無い、日持ちするというメリットは唯一のものなので、

私はファーストエイドキットの中に複数個常に入れています。

個人的にオススメはASAHIの「塩レモンキャンディー」。

カロリーは一粒13Kcal。

このあとに紹介するものが甘いものばかりなので、口直しに持ち歩いています(笑)。

登山でオススメのお菓子 第4位 ドライフルーツ系

ドライフルーツのミックスを片手一杯分で約50Kcal。

いろいろな味が楽しめるところと、

砂糖だけではなく、ビタミンも豊富なのが良いところ。

健康に良いので、飴を抜かして4位に。

最近ではトマトのドライフルーツがあったり、

ナッツ入りの物があったりと飽きさせません。

欠点は、口が乾燥すること。

ドライフルーツが思いっきり水分を奪っていきます。

携帯性も微妙な所です。

熱には強いんだけど、食べるときに一つ一つ摘まなければならないところもなー

うまいんだけど…

個人的にオススメは、共立食品の「ナッツ&フルーツ(トレイルミックス)

ジッパーになっていて、保管しやすいところと、

「トレイル」って入っているところがポイント。

山用の行動食のために調整されてます。

コンビニでなかなか手にはいらないのが欠点。

イオン系のスーパーでときどき見かけます。

>共立食品 ナッツ&フルーツ(トレイルミックス) 55g

登山でオススメのお菓子 第3位 チョコレート系

基本的に高カロリーです。

しかも、値段もそこそこ安い。

クランチなどの小麦系が入っているものは更にカロリーが稼げます。

欠点は溶けること。

この前、夏山にミントチョコを持っていったらリュックの中がひどいことになりました。

想像してください。

リュックを開けた瞬間にミントとチョコレートの香りが漂ってきて、

リュックのそこにこびりついている様子を…

苦い思い出もあるのですが、やはり携帯食の王道です。

持っていくならなるべく融点が高い板チョコタイプか、

万が一解けても、被害が少ないクランチタイプがおすすめです。

私のオススメはモチロンこれ

ブラックサンダー

ブラックサンダー!

安い、カロリー高い(1本112Kcal)、万が一解けても被害は袋だけ。

登山でオススメのお菓子 第2位 カロリーメイト

スポーツとカロリーメイトは切っても切れない関係ですよね。

1本100Kcalの素晴らしきカロリー。(普通は4本入ってます。)

単純計算ですと、100000calになるので、体重50キロの人が850m登るだけのカロリーを生み出すことが出来ます。

軽いので携帯性も抜群。解けることもない。

ただ一つ欠点を挙げるとすれば、

乾燥しているがゆえ、口が乾くってところですかね。

個人的にはチョコレート味が至高です。

(異論は認める)

登山でオススメのお菓子 第1位
コンビニ羊羹「ミニ羊羹 煉」

堂々の1位はコンビニで簡単に調達できる羊羹。

米屋 和楽の里の「ミニ羊羹煉」です。

少々重いのが欠点ですが、選んだ理由は複数あります。

まずはカロリーの多さ。なんと約150Kcalもあるんですよ!

カロリーメイトを軽く超えてしまうところがポイント。

次に携帯性の良さ。ポケットに入るのにかさばらない。体温で解けない。

生暖かくても食べられる。

チョコレートとカロリーメイトのいいとこ取りとも言えます。

そして最後は羊羹のため、水分がある。

カロリーメイトやスナックだと口が乾いて、

水分の消費が激しくなるものですが、これなら、そんな心配はありません!

まさに羊羹は登山のために作られたお菓子と言えます!
>米屋 和楽の里ミニ羊羹煉

まとめ

ハンガーノックにならないためにも羊羹が大切。

追記

最近では炭水化物(糖質)ダイエットの問題点が指摘されています。

登山ダイエットなる物があるようですが、しっかりと携行食・行動食を持って挑みましょう。

自然の中のですから、常に危険と隣り合わせなことを忘れなきよう。