【登山道具レビュー】コッヘルの選び方は?アルミかチタンか?

こんにちは!かなーり迷ってアルミ製のコッヘル買ったのでレビューしますね!

「山で料理したい」

「でも何を選んだら良いかわからない」

そんな方の参考になればと思い、書きますね!

今回買ったのはスノーピークのアルミ製、一人用の物。

一人用のアルミ製コッヘル

これで、山での楽しみが増えるぞー!

モンベルにフラット寄ったら、割引にされていたのでつい買っちゃった♪

調べてみると廃盤らしい。amazonにも売ってなかったし。

詳しいレビューは後半で!

コッヘルの選び方は?

個人的なコッヘルの選び方の基準を書いていきますね!

チタン?アルミ?ステンレス?どれを選ぶか?

まずいちばん大切なのはここです。「高いものは良いもの」とは限らないのが山道具の面白いところですよね。

チタン製 アルミニウム製 ステンレス製
概要 軽くて熱が伝わりやすいのが特徴。

冷めやすいので、料理した後にそのまま口を付けて食べることができる。

しかし、熱にムラができるので、料理を作るのは難しい。

「お湯を沸かすだけ」、「ラーメンを作るだけ」と言った使い方に向く

少し重いが、熱がまんべんなく伝わるのが特徴。

冷めにくいので、そのまま器として使うのは不向き

コメを炊けるくらい熱にムラがない。山で本格的な料理が出来る。

重いが丈夫。

家庭用の鍋とさほど変わらないので、本格手な料理ができる。

だが、重い。

価格 高い 安い 安い
重量 軽い 重い めっちゃ重い

そのうち本格手にな山料理したくなるでしょ!」ってことでアルミ製のものを選択しました!

サイズの選び方

これは完全に使い方次第かと…。

このブログの場合は「一人登山」なので、もちろん一人用一択です。

絶対に確認しなくてはならないのは、手持ちのストーブがコッヘルの中に入ること。

これが出来ないと、荷物がかさばります。

コッヘルの中にストーブを入れる

イメージとしてはこんな感じ。

ガスボンベとプリムスのストーブがしっかりと入ります!

このタイプだと、予備のボンベを入れるとストーブ本体が入らなくなるのが欠点です。

ガスボンベ一つの場合は、

さらに、インスタント食品を入れたり、箸やスプーンを入れることも出来ますよ!

実際にアルミ製コッヘルを使ってみた

コッヘルでコーヒーを作る

3分ほどでお湯を沸かして、インスタントコーヒーを入れるだけでコーヒーが作れます!

いざ飲もうとした所…

熱っちいいいいいいい!

縁に口をつけた瞬間に唇、解けるかと思った。

アルミ製コッヘルの欠点だよね。

ここで反省して、チタン製のシェラカップを買ったのは別の話。

試しにインスタントでクッキングしてみる。

あのコッヘルの中に、

ガス、ストーブ、スプーン・フォーク、フリーズドライが入れられました!

こんだけ物が入るのもびっくりです。

フォウを作ってみた。

フォウだフォウ!

「無印良品」のフリーズドライは優秀。

今回はチタン製のスプーンを持ってきたので、普通に食せました!

今度は炊飯に挑戦してみようと思う。

まとめ

登山にちょっとした彩りを与えるコッヘルを買ってみた。

アルミ製で一人用。

直接口をつけるのは厳しいが、スプーンなどで工夫すれば問題ない。

今のところ満足している。