電車で箱根へ!!そのまま金時山に行ってきます

モンベルのソフトシェル買っちゃった。そのままの勢いで金時山へ行ってきました。

青春18切符で小田原駅に行くとお得!?

電車 新宿から小田原駅

バス 小田原駅から仙石

電車(新宿) 交通費 電車移動時間 バス代 合計(片道) 交通費(往復)
小田急 通常 880円 1時間30分 1000円 1880円 3670円
JR線 通常 1490円 1時間30分 1000円 2490円 4980円
特急利用 1764円 1時間 1000円 2764円 5528円
青春18切符 2370円 1時間30分 1000円 3370円 4370円

マジか!青春18切符が負けたんだが…

小田急線強いな。

追記 もし他の箱根観光をするなら箱根フリーキップ(新宿から5140円)がお得ですよ!

実際に行ってきた

さあ、楽しい山行ですよ!

今回のオチ?まぁ読んで下さい!

小田原駅に着きました。

小田原駅から4番乗り場の登山バスで仙石へ。

箱根登山鉄道のどの駅からも乗ることができるので、

乗り鉄なら強羅駅から乗るのがオススメ!

(バスだけで駅メモの箱根登山鉄道コンプできます)たまたま箱根大名行列なるイベントがあって大渋滞でした。

まさか、2倍も時間がかかるとは…(通常なら40分近くでいけるそうです)

仙石から金時山山頂へ

金時山登山口までの道のり

勾配もそれほどきつくなく、初心者向けの山です。個人的にはちょっと物足りない。

登山口は秋の香りがする。幼少の頃の風景と似ているのが良い。

金時山木のトンネル

金時山、ジブリの世界のような道

ジ○リに出てきそうな道中。この道に出た瞬間に心が動いた。

今までの疲れが吹き飛ぶようだ。

金時山、紅葉の葉っぱをフレームに空を撮る

秋は遠近感を出すためのフレームに困らないのが良いよね。

紅葉で赤く染まる木をフレームにそれと風景。

ススキも一興

金時山のススキ

木に寄生する苔

面白い植物。木の周りに苔が周り付き、別の植物が寄生する。

山頂近くになると、大涌谷の煙や芦ノ湖が見えるのがいい。

そして、いよいよ山頂に!

いままでは曇りばかり、風景は見れるのか?

金時山山頂、芦ノ湖、仙石原を一望する箱根の良さを集めた写真

左にすすきで有名な仙石原。

中央奥にヨスガノソラで有名な芦ノ湖。

箱根の良さが詰まった一枚な気がする。

そして…

金時山山頂から富士山を望む

/^o^?フッジッサーン。今年に入ってはじめてまともに拝んだ。

登ってもいるけど雨だったし…。

有名な金時山の看板をフレームにして撮る構図は人がたくさんいたので断念しました。

やっぱり休日登山はだめだね。

人がいない平日登山こそ魅力がある。

山頂から仙石原

こっちのルートはあまり人気が無いみたいで、ワイルドな山行を楽しめました。

石ゴロゴロコースはロープ頼り。

うん、素晴らしい。

残念ながら道中での展望は、大涌谷見るくらいしか無いのでつまらない。

帰りは仙石原に寄ろうと思ったのですが…人が多すぎたので断念しました。

そのままバスで箱根湯本へ箱根湯元で日帰り温泉、お土産購入。帰路へ。

金時山に行ってしまうと、他の観光が苦しい気がします。

秋の金時山、紅葉をフレームに稜線を撮る

芦ノ湖とかも行っておきたかった!

最短コースのピストンでも辛いので、車やバイクの足がほしい所。

あー箱根神社行きたかった(ヨスガノソラ聖地)。いや、むしろ、実妹とヨスガノソラしたい。

追記 箱根フリーキップを使った観光&登山

箱根フリーキップを使って観光もしてきたので、参考になりそうなプランを載せておきますね!

ロマンスカーで箱根湯本についたら、箱根登山電車に乗って強羅へ

箱根ケーブルカー

強羅からはケーブルカーに乗り、早雲山へ

早雲山からはロープウェーで大涌谷に行って黒たまごを食べる!

寿命が7年も伸びますよ!

箱根ロープウェー

大涌谷は硫黄と水蒸気の立ち込めるまさに地獄。

この日はガスが強くて、息をするのも苦しかった…

それなのに反対側を見ると…

大涌谷

この天気の良さね。

終末感あるのは否定しないけど…

大涌谷からロープウェーで芦ノ湖へ

大涌谷から芦ノ湖

芦ノ湖で海賊船に乗り、箱根港・関所

箱根海賊船

箱根神社を観光。

箱根神社

バスで宿泊施設へ

宿泊先から朝イチで金時山。

こんなプランだと箱根と山を満喫できますかね!?

関連コンテンツ

コスパ最強?関東圏内の観光に使えるオトクなきっぷ

青春18きっぷで安く登山に行こう!オススメの山とは?